偏頭痛治らない!サプリは?

偏頭痛の回数が減った!前のような重さを感じない!

サプリならまた偏頭痛が起きないように予防できますよ

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

偏頭痛が薬でも治らない!

 

偏頭痛が薬を飲んでも治らないので困っている方は多いですよね。

 

 

偏頭痛はどうして起きるのかハッキリしないことも多く、どう予防と対策をしていいのかがわからないので、偏頭痛になると薬を飲んで一時的に頭痛を和らげるしかありません。

 

でも薬は一時的に頭痛を抑えるだけで、根本的に偏頭痛を治してくれるわけではないので、また偏頭痛は起きてしまいますよね。

 

 

偏頭痛が何度も繰り返して起きて、偏頭痛が治らないで困っている方の、こんな書き込みも知恵袋などにもあるようです。

 

  • 偏頭痛が治らない。もともと偏頭痛持ちなんですが最近毎日のように頭痛に悩んでいます。朝起きた時からガンガン、市販の頭痛薬を飲めば多少は治まるのですが、薬の効き目が切れるとまたガンガンしてきます。
  •  

  • 偏頭痛は治らない病気なのでしょうか?月の半分は偏頭痛で休んでいます。薬があったら苦労しないんですよねー!バファリンとかそんなの一切効かないし。偏頭痛にバファリンなど市販の痛み止めは効かないようです。
  •  

  • 私はもともと偏頭痛持ちなのですが、鎮痛薬を飲んでも治らないときがしばしばあり、偏頭痛があると本当に何も集中できません。ひどい偏頭痛持ちの人にしかわからないと思うのですが、本当に辛くて勉強なんか全くはかどらないですし、なんにもできないくらい辛いのです。

 

ロキソニンやバファリンを飲んで一時的に頭痛は治まっても、また同じように頭痛が起きるのでは…、と考えると安心はできないですよね。

 

そんななかなか治らない偏頭痛について、薬以外の予防と対策になることはないかをまとめてみました。

 

偏頭痛が薬でもなかなか治らないのは?

 

偏頭痛は医学的には片頭痛と書かれるように、頭の片側が血管が脈打つのと同じくズキズキと痛む頭痛です。

 

へんずつうには偏頭痛と片頭痛という2種類の漢字がありますが、特に違いはありません。パソコンで変換すると大抵は偏頭痛が出てきますが、医学的には片頭痛と書くのが正しいようです。

 

 

何らかの原因で脳内血管が拡張すると、その周辺にある三叉神経が圧迫されます。三叉神経が圧迫されると、神経ペプチドという痛みの原因となる成分が放出され、血管の周りに炎症が起き偏頭痛が起きます。

 

 

このように、脳内血管が拡張して、三叉神経が圧迫され偏頭痛が起きるといわれていますが、根本原因の脳内血管が拡張するのはなぜかということがハッキリ特定できないために、薬では偏頭痛は治らないとも言われているようです。

 

脳内血管が拡張するのは、セロトニンの過剰放出が原因だという説もあるようですが、いろんな要素が影響するために特定することは難しいようです。

 

 

ちなみに、頭痛には緊張型頭痛というタイプもあります。緊張型頭痛は緊張やストレスが原因で、頭蓋骨を包む膜や筋肉が異常に収縮して起きる頭痛です。

 

肩こりや眼精疲労などで血行が悪くなることで、神経が締め付けられるような感じの頭痛が現れます。自律神経の乱れなども血管機能が正常に働くなるために頭痛の原因になります。緊張型頭痛は、筋肉の凝りをストレッチなどでほぐすことや温め血行を良くすると改善することもあります。

 

偏頭痛の治療薬

 

偏頭痛の処方薬には現在4種類の薬が使われています。

 

頭痛だけではなく他の痛みにも使われる鎮痛薬で、一度は飲んだこともあるような薬だと思います。

 

 

アセトアミノフェン

カロナール、コカールなど

 

非ステロイド性抗炎症薬

ボルタレン、ナイキサン、ポンタールなど

 

エルゴタミン製剤

クリアミン、ジヒデルゴットなど

 

トリプタン製剤

イミグラン、ゾーミッグ、レルパックス、マクサルト、アマージ

 

 

偏頭痛に効果が最も高いといわれているのがトリプタン製剤で、拡張した血管を縮小させ血管周辺の炎症を抑える効果があります。但し、トリプタン製剤の効果は個人差が多いともいわれています。

 

トリプタン製剤の主な副作用は、圧迫感、息苦しさ、吐気、眠気、めまいがあります。

 

 

偏頭痛の治療薬は、あくまで偏頭痛が起きてから痛みを和らげるためのもので、根本的に偏頭痛を起きないように予防してくれるものではありません。

 

頭痛は治まりますが、根本的な予防にはならないので、また偏頭痛は起きてしまいます。

 

偏頭痛が治らない!サプリを試してみては?

 

偏頭痛の薬は対処療法にはなりますが、偏頭痛の予防にはなりません。

 

またいつ起きるか心配な偏頭痛を予防するためには、薬ではなくサプリがおすすめです。

 

 

サプリは薬ではないので、痛みを抑えるという劇的な作用はありませんが、体質改善などで予防してくれます。これは偏頭痛サプリだけでなく他のサプリでも同じで、サプリを飲んでいる方は健康維持や病気にならないように予防のために飲まれています。

 

偏頭痛は単なる頭痛と違って、一度だけでなく何度も起きてしまいますから、薬による対処療法ではなく、サプリで予防していくことも大事です。

 

 

実際に、偏頭痛がひどかった方でもサプリを飲むようになって、偏頭痛が改善したという口コミもあるようですよ。

 

  • パソコン仕事が多く、仕事中に突然何かが落ちてきたような重たい感じに、日々悩んでいました。飲み始めて1週間くらいで、気分がスッキリすることが多くなったので、もしかして… と感じていました。 その後、明らかに実感できたのです!
  •  

  • 重たい感じがしてから無理矢理どうにかしようとすると、ぼんやりしてしまって、何も手につかなくなってしまっていましたが、健康食品なので自然ですし安心して、スッキリ仕事ができるようになりました。

 

 

このような偏頭痛が起きなくなったという口コミが多くあるのは、『ずきしらずの実』というサプリです。

 

 

一時的に頭痛に対処する薬と違って、体調的な改善をしてくれるので、根本的な偏頭痛の改善になります。

 

植物由来のハーブサプリメントなので、安心して飲むことができますよ。偏頭痛の予防に効くといわれている夏白菊というハーブが含まれています。

 

 

ずきしらずの実の効果の特徴

 

そもそもの頭痛の回数が減った

頭痛が起きても前のような重さを感じない

 

 

頭痛が起きてしまう体調のリズムを崩さないようにすることと、もし頭痛が起きても楽にできる成分を配合しているので、根本的な頭痛対策になるようですよ。

 

 

ずきしらずの実は、竃kの達人という東証一部上場の会社のサプリなので信頼できますし、全額返金保証付きなので安心して試すこともできますよ。

 

2970円
1ヶ月分
全額返金保証付き

 

 



 

偏頭痛の予防に役立つ成分は?

 

偏頭痛を予防には、ビタミンB2やマグネシウムが効果があるといわれています。ビタミンB2やマグネシウムはサプリや食品から摂ることができます。

 

ビタミンB2を多く含む食品

納豆、レバー、ウナギ、牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、ホウレンソウなどの葉菜類

 

マグネシウムを多く含む食品

大豆製品、ゴマ、アーモンドなどのナッツ類、ヒジキなどの海藻類、緑黄色野菜

 

 

夏白菊というハーブや、葛根湯、五苓散などの漢方薬も偏頭痛には効果があるといわれています。